横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

「天気晴朗なれども波高し」をあえて曲解してみる。

「”天気晴朗なれども波高し”。ま、教養のない君らにはわからんだろう」

教養がなくてもググればすぐにあらゆる情報が出てくる今の時代でございます。

そもそもこの言葉、単に天候をシンプルに伝達しただけの言葉ですから。見晴らしがいいからどうとか、射撃の練度の差がどうとかいう話は、伝達された方があれこれ考えるだけの話にすぎませんで。”天候を伝えた言葉”と考えると、そもそもあの日の東京の天候から考えると、あまり的確な使用とは言えないんじゃないかなあと個人的には感じました。 ※個人の感想です。

んで、本題ですが。

「天気晴朗なれども波高し」という言葉を私がはじめて目にしたのはNHK「歴史への招待」の書籍版日本海海戦回だったと記憶していますが、その中で確か「この言葉はのちに怒られた」って書いてあったような気がしまして。

books.rakuten.co.jp

それでググったら、山本権兵衛という名前が出てきたわけですよ。

後に海相山本権兵衛が「秋山の美文はよろしからず、公報の文章の眼目は、実情をありのままに叙述するにある。美文はともすれば事実を粉飾して真相を逸し、後世をまどわすことがある」と評した。
http://squarenet.co.jp/column/column_870.htm

掲題の「曲解」がなにかというと、つまりね、「教養のない君らにはわからんだろう」と大見得を切ったからには、もしかしたらこの言葉は、この故事までも含めた言葉かもしれない、という曲解をしてみたわけです。

真面目に答える気はないんだぞ、と。

実情をありのままに叙述しないぞ。美文で事実を粉飾するぞ。

…そして、ポイントだけは的確に伝えるぞ、と。ポイントとはもちろん「豊洲は安全だ」ということです。そしてそれを受け取る側に適切な解釈力があれば、なにが(というより、”誰が”?)問題の本質であるかわかるだろうと。そこまでの意味を込めた「天気晴朗なれども波高し」だったのではないか?

はい、考えすぎです。以上、単なる妄想です。一個人の妄想にすぎませんので、炎上は勘弁してくださいね、いやですからね、
あのケーキ屋さんみたいになるのは!

父さん!(心温まらないイントロダクション)

父さん!

やあ父さん、最近新しい趣味をはじめたよ。もうジャパニーズ・盆栽で松を枯らすのはやめたよ。僕は今、「炎上ブログ」にはまっているんだ!

よかったじゃないか、ボブ。それはジェームス・ボンドのひみつ兵器かい?

近いけどちがうよ、父さん。炎上ブログは最先端の情報メディアなんだ。インターネットを通じて、出来立てのライス・バーガーみたいにアツアツになった情報が瞬時に届くんだ。Qの秘密兵器なんて目じゃないよ。

ナイフが飛び出すアタッシュケースよりは凄そうだな。で、それはどんな味がするんだい?

ライス・バーガーは例えだよ、父さん。インタラクティブな技術で、誰もが正義のヒーローになれるんだよ。ひとつバズればたちまちスーパースター、アフィリ収入がわんさかだよ。ねえ父さん、聞いてる?

ああ、このおみやげのパイはいつ食べるんだい?

https://wizardblue.tumblr.com/post/7366496967/mitaimon-takaakik-toukubo-masaka
wizardblue.tumblr.com

Netscape Navigator (ネットスケープコミュニケーションズ) - Wikipedia

トランプ大統領は米大統領界のゼータガンダムである

トランプさん、大統領就任おめでとうございます(さっそく権力者に媚びへつらうかまえ

先の記者会見での暴れっぷりがオバマ前大統領最後の演説と比較され若干かわいそうなトランプさんではありましたが。

いきなりですが、ガンダムの話に飛びます。

「めぐりあい宇宙(そら)」の劇場公開時のパンフレットで、ある無名の若者が書いた「ニュータイプ論」が簡単に紹介されていました。

誤解なく理解し合える能力…人類がそれを身につけることができたら、戦争をはじめとする争いは、きっとなくなるだろうと。なぜなら、全ての争いは相互の無理解からはじまるのだから…。

これは、当時ニュータイプという概念がファンにどう受け入れられたかという一般的な例でして、そんなフワフワしたおめでたい認知がのちに「ゼータガンダム」で粉々に打ち砕かれたのは、多くのガノタが知る歴史でございます。

‪「よくもずけずけと人の中に入る!恥を知れ、俗物!」‬
引用:裏庭の柵をこえて : Zガンダム全話レビュー 第47話「宇宙の渦」 - livedoor Blog(ブログ)

…相互に誤解なく理解し合える能力を発現したところ、「よくも相互に誤解なく理解しやがったな!」って怒られるという身も蓋もない展開に身悶えします。

全く相容れない二者が相互に誤解なく理解しあったところで対立は解消しないどころか余計に憎しみが深まるという考えてみれば極めてリアリスティックな話です。さすが、”現実認知の物語”をうたったゼータガンダム、えげつない現実認知です。

ニュータイプという理想的な理念が掲げられる一方で、世界はますます分断されていく…そんな世界が、ゼータガンダムには描かれていたわけであります。


オバマ前大統領の最後の演説で、特に重要だなと思った点を引用してみます。

大多数の人々にとって、自分自身の殻に閉じこもって過ごすことのほうが、断然容易ではあります。近所、大学の構内、祈りの場所、ソーシャルメディアなど、我々と似たような人々、同じ政治的意見をもつ人々、我々の常識を覆すことなどない人々。これらの人々に囲まれて暮らすことです。

このすべての細分化が、一見自然に起こることであり、避けられない流れのように見受けられます。そして、より一層、我々は自分自身の殻に閉じこもり、その情報が真実か否かではなく、自分の意見に適合する情報のみを受け入れることに、心地よさを覚えるようになります。

情報、物流など各種のテクノロジーが進化し世界が緊密に結びあうほどに人々は相互理解から背を向けるという皮肉な状況ですね。

オバマ前大統領はこれを「民主主義における脅威」と言いましたが、どうでしょう。最後の演説、素晴らしい内容でした。感動した人も多かったであろうとともに、素晴らしすぎてついていけない、と思った人も、一定数いたのではとつい思ってしまうわけでございます。

その後を受けて、田中角栄先生みたいなだみ声で「わしゃ雇用を創出するぞ!」とがなり立てたわけでございます。

というわけで、最後に結論です。

「トランプ大統領は、米大統領界の田中角栄先生である」

あれえ。どこでおかしくなっちゃったのかなあこの文章。