横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

アベは贅沢三昧!GWはシャトーブリアンでBBQ!というツイートが面白かったので

安倍総理ゴールデンウィーク中にシャトーブリアンでBBQなんだそうです。ぐぬぬ

こんなぐぬぬなハナシ、事実であれば許せませんね。早速、事実関係の確認です。

…当然のように返信は返ってきません(´・_・`)それはそうですよ、国民のために日夜アベを叱りつけているネット有名人のきむら様におかれましては、わたくしのような有象無象など、相手にしている時間なんて、無いんでございます。

「ソースはやっぱりバーベキューソースなんじゃないんですか」
「そういうの要りません」

私自身もネット検索して、5月4日の夜秘書官や昭恵夫人らとバーベキューを楽しんだ、とここまでは確認できました。ですが「BBQをした」というだけでは、当たり前のことでしかありません。国民的な怒りをかきたてるには、やや弱い。なんとしても「シャトーブリアンで豪勢にバーベキューした」という付加情報が要るのです。


なぜ、ネット上にソースがないのに、「アベ」と「シャトーブリアン」が結びついたのか。あくまでも私見ですが、二つ考えられます。

一つ目は、プーチンさんの日本訪問の際、会食で出された料理の中に、「長萩和牛シャトーブリアン」があったこと。もしかしたら、このハナシと混同されているのではないでしょうか。

もっともこの件については、プーチンさんにシャトーブリアンを供するなど、その程度、当然のことです。それくらいしないと、日本がコルホーズにされてしまいます。

「そんな懐かしいネタ誰がわかるんですか」

二つ目は、実は、シャトーブリアン、という言葉そのものの語源です。

浅学ゆえ今回の件を調べていてはじめて知ったのですが、フランス・ウィーン体制下の政治家、フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンからきています。彼は牛肉フィレステーキを好み、調理人に命じてしばしば焼かせたそうで、それがシャトーブリアンステーキの語源なんだそうです。

さらにさらに。実は、シャトーブリアンさんは「保守主義」という言葉のルーツでもあるそうなんです!

保守主義という言葉は,フランスのロマン主義シャトーブリアンが,1818年に自分の政治雑誌に《保守主義者Le Conservateur》と命名したのが最初の使用とされている。
シャトーブリアン(シャトーブリアン)とは - コトバンク

なんということでしょう。つまりきむら様は、この故事を念頭に先のツイートを書かれたのではないでしょうか。なんと教養深い…。保守主義者がのんきにバーベキューなど楽しむからには、肉はシャトーブリアンにちがいない」という揶揄を込めた一流のジョークにまちがいありません。よ!さすがツイッター有名人!二万人ものフォロワーさんを抱えている人は、教養がちがう!やんややんや!


余談ですが、きむら様を批判するリプライをさらに批判するリプライの中に”肉屋を支持する豚”という言葉がありまして。

肉屋を支持する豚、か。…お言葉ですが、豚じゃなくて牛だと思うんですが」
「そういうのも要りません」

お後がよろしいようで「よろしくねえよ!」

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com

3億円奪ったあと、逃走する正しい方角は「北」。

見てください!ここが、アクロス福岡ですよ!緑が、すっごいですよね!
「注目するとこソコじゃねえだろ(´・_・`)」


https://mainichi.jp/articles/20170420/k00/00e/040/287000c

上記記事には、削除されていますけど実は最初、こんな続きが。
↓↓↓↓

「白いワゴン車が市役所方向にすごいスピードで走っていき、その後ろを男性が『泥棒』と言いながら追いかけていた」

わははははははははは。

不謹慎で申し訳ないんですが、笑ってしまいました。刑事ドラマでも最近はなかなか無いベタなシーンですね。って追いかけてる人は死にもの狂いでしょうけど。


さて本題です。

冒頭の写真で示されていたのは、本当にアクロス福岡は緑が豊かで「だから、ソコじゃねえよ!」ちがった。要は、そのドロボーって叫んでた人が「でもなくて!」失礼、その人が追いかけていた白いワゴン車が「南方向に逃走していた」ということです。

それを聞いて思ったのが「あ、これ、すぐ捕まるな…」。

風水的には、南は「現われの方位」。隠されたものが、現れる。という暗示がある方角となります。

「3億円」「南へ逃走」。と聞いて即座に私の頭の中に浮かんだのがあの「三億円事件」です。
今では忘れられていますが、実はこの事件、当時は「霊能バトル」の熾烈な戦場でもあったのです。

つまり、メディアに様々な霊能者や占い師が登場しては、何月には捕まる。いつ逮捕される。などと、要は「逮捕予言」をやっていたわけです。しかしその中でひとり「絶対につかまらない」と断言していた人がいた、というんです。

…それが、オレや。って、この本にドヤ顔で書いてありました(´・_・`)
暗剣殺入門―万象理法学<方位編> 自分の運勢を知り、凶を吉に転ずる知恵 (1979年) (ノン・ブック)

以下、少々長めに引用します。

犯人は、奪った現金を、約千九百メートル離れた国分寺跡(現場から見てに当たる)まで行き、現金輸送車のセドリックからカローラに移し換え、本町団地()まで行き、ここで車を乗り捨て、現金を持って逃走しました。
 このように、捜査結果は、犯人が北方位へ北方位へと逃走していることを示し、事件の日も、事件が起きやすい日であったことなどから、私は、事件発生後、半年も経たない翌年四月三日に、参議院議員会館内で行われた講演会で、「この事件は迷宮入りする」と発表いたしました。
 以後、TVなどで占い師や霊能力者などが何人となく「今年の四月に逮捕できる」とか「八月にはつかまる」とか予言しましたが、私はその都度「この予言は外れる」と断言してきました。私の予言どおり、大捜査の甲斐なく、昭和五十一年、迷宮入りのまま時効が成立しました。
 三億円事件の犯人の足取りが示すように「北」は、方位学では”隠れの方位”です。

みなさーん!もし、たまたま三億円を強奪する機会がありましたら、北ですよ、キターっ!北に、逃げるんですよー!
「普通そんな機会はたまたまは無いような…(´・_・`)」

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com

【黒歴史研究所】アーティスト・三谷幸喜をボクらはいつまでも忘れない。

※旧ブログからの転載です。事情は以下を参照。
‪いろいろあって、多少アクセスがあった裏ブログを閉鎖しました。‬ - 横からちゃちゃを入れます。

前から言ってることなんですけどー、なぜ、大河ドラマ「ペリー」をやらないのかと。

続きを読む