読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

ホリエモン Loves 大島薫くんをおちょくる理由と、成宮寛貴くんをおちょくってはいけない理由。

<目次>

ヒューヒューだよ!(牧瀬里穂調で

ホリエモン❤️薫くんの件は正直 「なんだよ!お前らそういう仲だったんかよ!ヒューヒューだな!(゚∀゚)」っていうクラスのカップル発覚を冷やかす感覚だけでございまして。

そこに「男同士だからからかう」というジェンダーの問題は一切含んでおりませんで、そこがもしかすると私が世間様とズレてるところかもと反省する次第でございます。

よく知ってる人同士が、しかも結構、意外な取り合わせが、ラブホテルに行った。こりゃ盛り上がるしできればご本人たちに直接会いに行って冷やかしたいところなんでありまして、それがたまたま男同士だっただけであって男女の取り合わせであっても、やるこたぁ同じだコンチクショウめ。

「こんの幸せものめ!」
「いや、だからそうじゃねえって(本気で困惑)」
「ヒューヒュー!」
「うるせえ(・_・)」
ってこういう脳内イメージだったりするわけでありますけど、

どうもその筋の界隈的には、からかってはいけないセンシティブな問題だろうが!って怒りがあるようで(・_・)

要は私の場合、一周回って「そんな関係性当たり前だから」という理由でジェンダーの問題を無視してからかってんですけれども、それが、客観的に見た場合界隈的にはジェンダーの問題に無神経でからかってるのと同じに見えるという構図でありまして、やはりジェンダー問題はセンシティブで難しいなと痛感する次第です。

ま、だからと言ってこの件に横からちゃちゃを入れてからかうスタンスは、変えるつもりは全くないんですけどね。繰り返し言うけど、こんな交際、こんな関係。当たり前だ。特別視するようなレベルの話じゃないっつーの

もっと、こういうネタを安心してからかっておちょくれる社会にしていきたいものです。

望まないアウティングは誰も幸せにしない。

一方で、決してからかってはいけない人もいるわけです。

成宮くんの件は、本当にかわいそうだと思います。セクシャリティについて、公然の秘密をみんな知ってる、という状況と、大手メディアで面白おかしく報道されてしまうという状況とでは次元がちがいすぎますので「今さら?」という一部のネットの声というのは、状況レベルの誤認と言われてもしかたがないとされるところであります。

コカインの件につきましては、もはやここまでフライデーさんが突っ走ってしまった以上は、官憲が具体的な動きを見せるまでは進展は見込めないところでしょう。というわけで、当面の焦点はセクシャリティの問題、アウティングの問題に絞り込まれると思っております。

んで少々脱線しますが、セクシャリティの問題は…本人が望んでない、という点を除けば、ホリエモンや大島薫くんなら「なんの問題があんの?」って言いそうな気がしてなりません。

(※というよりは本人が望んでいないというのが唯一かつ最大の問題点なのですがそこはいったん置いておいて)

例えばですよ。あくまでも仮定の話ですがもし私が同性愛者と世間に公表されたら…?ま、「そうなんよー実はオレオトコもいけるんよー(゚∀゚)」って豪快にガハハ笑いしてそれで(一方的に)すませることになりますし、仮に究極の仮定としましてもしもそれが職場で問題視されて解雇でもされようもんならば、大喜びで資料もって弁護士ん所に駆け込んで、「この事案、会社からいくらふんだくれますかね?」って言うし、さらにいえばそうやってふんだくった会社に、そのまま居座ると思います。

そこまでいかなくても何かその件で侮辱的なことを言ってくる相手がいましたら片っ端から名誉棄損の少額訴訟を起こしまして小銭をふんだくりますので自分的には、いい小遣い稼ぎになるな、という感じです。

まあ実際会社の飲み会で、酔った勢いで「オレ最近、割と男の娘が…」なんて口走ったことも一度や二度じゃないし、そこに上司が「オレも若い頃はけっこう二丁目に飲みに行ってさ…」なんて乗っかってきたりしたことも

だいぶ脱線が過ぎましたが何が言いたいかというと、こういう、ホリエモンや大島薫くんや私みたいな打たれ強い頑強な人間ならともかく、成宮くんのような繊細な感受性の人間がこういう報道をされたら自殺しかねないよ、ということ。

報道は、クスリの問題については社会的に重要な事案だから報道するにしても、そこでセクシャリティの問題は慎重に言及をさけるべきだったでしょう。でないと結局、返す刀で報道倫理とかコンプライアンスの問題で自分たちが返り血を浴びる結果となるわけですから、もっとビビった姿勢で報道してほしいものです。

フライデーさんは覚悟の上だからしかたないとしても、その他報道機関の皆様方におかれましては、世の中には、もしそういう報道をされたら片っ端から少額訴訟を起こして小銭を稼いでやろう、という私のようなゴロツキも多うございますので、そういうゴロツキに絡まれたら地味にめんどくさいですよ、芸能界をやめて自由の身になった相手が特に収入源もないのでカネに困ったあげくにヤバイ筋にいろいろ入れ知恵されてそういうめんどくさい相手に豹変するとも限らんのだけども大丈夫か?という、中学生でもできそうな危機回避の想像力を働かせる程度のことは、やっていただきたいと思います。仕事ですから。

タフな人間の対処の仕方は?

ちなみにホリエモンに話を戻しますと、一番私が笑った部分が、文春に対してホリエモンツイッターでキレまくってた、というウワサ(現物は見てない)で、それって非常にプロレス的で面白いなあと

おちょくり半分の報道をして、それに対してご本人から「テメエらふざけんなよ!」「屑だ!人間の屑!」と散々に罵られてそのあと沈静化、となってチャンチャン。っていうところまでが、こういう報道の一連の理想的なシークエンスでございます。過剰に炎上することもなくお互いネタを提供しあって、Win-Win

なのに、報道した相手を引退するまで追い詰めるというのは、角を矯めて牛を殺すの例えのように、長期的にはメディア自身の利益を損失することに他なりません。

セクシャリティが絡む報道は、本当に慎重にやっていただくことを望むばかりです。それが、メディアの皆様におかれましては結局は身の安全を図ることになるというのが、当然の論理的帰結ということにはならないでしょうか。

最後に自己反省。

この文章の随所に見え隠れしてるとは思うんですが、私は、本当に無造作で雑な人間なのでございます。

正直、成宮くんが芸能界引退までする気持ちが、理屈ではわかるが感覚としてはわからない人間でございまして、(クスリの件が完全にシロであればという前提つきですが)なんで開き直って総反撃に出ないのかなー、勝てる材料は腐るほどあるのになー、私ならやるのになー、と考え具体的にふんだくれる金額まで妄想する私はやはり、彼のような繊細な芸術家肌の人間とは真逆の、まあゴロツキなんでございましょう。

屑です!屑!私は、人間の屑です!

こうやって最後を自己卑下と自己批判で絞めれば風当たりが弱まるというのが、日本社会独自の文化でございます。メディアの皆様や、ツイッターで彼に言いたい放題の皆様におかれましては、万一の危機回避のために、覚えておくとなにか良いことがあるかもしれません。

以上です。