横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

世界最古の炎上ネタ成功事例とは?

※旧ブログからの転載です。事情は以下を参照。
‪いろいろあって、多少アクセスがあった裏ブログを閉鎖しました。‬ - 横からちゃちゃを入れます。

紀元前356年のことです。
ヘロストラトスさんがアルテミス神殿に放火しました。

「誰やねん!」

そう、まさに誰やねんなんですが、ヘロストラトスさんはただの若い羊飼いなんだそうで。んで、なんで放火したかっていうと、 「有名になりたかった」 んだそうで(´・_・`)

捕まったヘロストラトスは放火の責任を逃れるどころか堂々と犯人であることを認め、「自分の名を不滅のものとして歴史に残すため、最も美しい神殿に火を放った」と述べた。(Wikipediaより)

当たり前ですが当時の人々は怒り心頭で。なんとしてもこのアホを歴史から抹殺してやるぞと意気込んであらゆる記録から抹消したのですが、でもこの空前の”炎上ネタ”、やっぱり、人々は後世に伝えずにはいれなかったんですよ…(´・_・`)

やっぱり…炎上ネタって、鉄板なんすね。二千年以上残ってんだもん 「って、炎上の意味、ちがうくね?(´・_・`)」


有名になりたい!っていうのは本来、多くの人に愛されたい、という気持ちなんだと思います。

だけど現実には、多くの人に認知されることは、商売につながる。だから炎上、というマイナスの認知を利用して悪名、というカタチででも有名になりたい、という人があとをたたないのでしょうね。

でも、それは、私たちが本当に望んでいることでしょうか?

自分自身の、プラスの「影響の和」を広げていくこと。本当にやるべきことは、そこなんじゃないでしょうか。 そんなことを考えつつ、今日もノンアル飲んで寝ます。ごくごく。

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com