横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

ニャーニャー禁止?知能の高い動物に普通にあいさつしてみよう!

※旧ブログからの転載です。事情は以下を参照。
‪いろいろあって、多少アクセスがあった裏ブログを閉鎖しました。‬ - 横からちゃちゃを入れます。


ネット界隈を広く歩いておりますと、時々

「ボクはネコ語でお話しできるんだじょー!」

などと轟然とぶちあげる輩に遭遇したりするわけなんですよ。なんなんでしょうか。不思議ちゃんポジション狙いなんでしょうか。正直、困惑します(´・_・`)

ネットでぶちあげるのみならず、実際にも「ニャーニャー!」と大声でそこらへんのネコに話しかけては驚いたネコが逃げると

「あのコは恥ずかしがりやさんだったね!テヘ!」 とか言うわけですよ。なにがテヘ!だ。テヘラン飛ばすぞ。その口に手ェ突っ込んで、奥歯ガタガタ言わせて、ニャーニャーじゃなくてワーワー言わせたろうかい

…大変失礼致しました。つい興奮してしまったようです(´・_-`)テヘ。(無表情


私の場合、そんな不思議ちゃんな行動など、いっさいしませんよ。そこらへんでネコを見かけると、

「あ、おはようございます。」

とイケボで話しかけるだけでございます「お前の方がよっぽど不思議ちゃんじゃねえか!((((;゚Д゚)))))))」

一説によると、ネコは知能が高くある程度人間の言葉を識別できる(※理解できる、わけではない)ので、人間が「ニャーニャー!」と言って近づいてくると

「な…なんだお…この人間…人間のくせに、まるでネコみたいなしゃべり方、しやがってよ…不審なヤツだ…敵意はなさそうだが、とりあえず、近づかんとこ…」

みたく思う、のだそうです。

人間が「このおっさん…ニャーニャー言って、不審だな…(´・_・`)」というのに近い感想を、ネコさまの方でもどうやら、お持ちみたいなのです。

だから、そこらへんのネコに自分の存在を不審者としてでなく認識してもらうためには、普通にあいさつした方がよいのでは。ということです。普通にあいさつすれば

「おっ、人間どもがあいさつしとるのう」と、普通に認識するのだそうです。


知能の高い動物は、普通にあいさつすると、こちらのことを普通に認識する。

この理論をカラスに応用します。 そうするとどうも、いいことがあるようです。

「カラスに挨拶とかしてると仲間と思って悪さとかゴミとか荒らさなくなる」 っていうの見てから、家の周りのカラスに 「おはよー!」とか「よっ」とか手を振ったりとかしてたら、 本当にウチと両隣りの家のゴミ荒らさなくなった。 https://twitter.com/DD_kuroshio_kai/status/830047535989350402

ま、相手が動物であろうと人間であろうと、あいさつは、よいことですね。

あいさつしましょう!では。

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com