横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

憲法改正=悪の政府が悪の憲法つくって国民を弾圧、って何でなるの?

ほぼほぼタイトル出オチの記事なんで実はこれ以上書く必要ホントはないんですけど、ただもしかして

「政府は悪なんかじゃないよ!国民の味方だよ!きっとボクたちを守る素晴らしい憲法に変えてくれるよ!」

っていうお花畑かな、と誤読されたらシャクだな、というのもあるのでもう少しだけ書き足します。


96条の改正がない限り、現在の日本国においては厳然として直接投票で国民の意思を問わなければならないんで、憲法改正における意思決定のキーパーソンはあくまでも国民であり、政府は、キーパーソンとはなりません。要は「政府が善だろうが悪だろうが最終決定には関係ない」という構造になってます。

なのになぜ「リベラル(笑)」のみなさんは、国民は無知だからいざ政府が憲法改正の発議を起こせばたちまちのうちにダマされ(苦笑)軍靴の音ガーカッカッカッカッ、と雪崩を打って軍国主義に走るのだ、と決めつけるのでしょうか。ネットには「アベは国民をバカにしている!」と叫ぶ方がたくさんいらっしゃいますが、国民をバカにしているのは、どっちなんでしょうか。

(歴史上必ずそうとは限りませんが)”国民”を、合理的で正しい集合知を持った集団だと仮定して、なおかつ、憲法改正が成ったとしましょうか。そうしたときに、その改正後の憲法ってヤツは実は

改正前よりもキビしい憲法になっている可能性があります。

ここなんです、私の違和感は。

なぜ「憲法改正」というと必ず”悪の憲法に生まれ変わって国民を軍国主義に引きずり込む”の一択なんですか。他の選択肢はないんですか。
軍隊どころか政府の存在も国民の自衛権生存権も認めない超アナーキー憲法に改正する、という発想はないんですか!

「リベラル(笑)」のみなさんがそんなに国民をバカだと思ってるなら、そのバカな我々を自分たちに都合よく、ダマして。リベラリズムに超都合よいガチガチの憲法に改正、すればいいんじゃないですかね。

残念ながら我々、
そんなバカじゃないけど。

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com