横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

「大人の中二病」というものを真剣に考えてみる。

キミらの人生がうまくいかないのは、キミら自身の問題ですから。キミが不出来な凡才で並みの努力しか出来ていないからうまくいかないという、ごく当然の結果でございます。

「くっ…だっ、だから、頑張って自分を変えなきゃなんねえんだろうが!」

心意気は良しですねー。わたくしみたいに出世もあきらめのんべんだらりと日々を送っているヒラピーポーからするとキラキラと眩しゅうて目ん玉つぶれそうでございます。いよ!日々成長!常に自己啓発!生まれついての意識高い系!今夜もいっしょうけんめい営業中!

…せめてブラック企業のドレイに落ちぶれたりはせんようにね。コストをかけずに他人を悪どく利用しようとする連中は常に「成長」というキーワードをエサとしてチラつかせてきますから。

脱線が過ぎました。自分の人生を少しでも良くするため日々少しずつでも努力するのは、まっとうな社会人であれば、当たり前でございます。ただ、キミらは、どうしてそうも的はずれで明後日の方向に努力しようとするのでしょうか。


10年くらい前にはカツマーが流行りましたけど、あれがまあ、大人の中二病の典型例ですね。あたしも勝間和代さんみたいになれれば…って、あなたは、勝間和代さんではありませんから。あなたの人生のボトルネックを解消するソリューションは、絶対、彼女のソレとは別物のはずです。

カツマーについては、別記事で詳しく。

カツマーを客観的に見れば良くわかりますが、勝間和代さんとは能力も状況もまるでちがう…ハッキリ言えば!明らかに、不出来の!キミらが!彼女の真似をして、表面上だけ真似をして!それでうまく、いくわけがないでしょうがっ!

カツマーを公言する社会的に成功した方はたくさんいますが、よくよく話を聞いてみれば、そういった方は結局「自分独自のやり方で成功した」ことがわかります。勝間和代さんとの出会いはあくまでもきっかけに過ぎず、多々そのメソッドを参考にしながらもコアの部分は、自分なりのやり方で自己解決しているはずです。


キミらの人生がうまくいかない「コアの原因」は、なんでしょうか?

  • 人間は「自分のことは見えない生き物」である
  • だから多くの人は、自分の人生にとって自分自身が最大のボトルネックになっているという不都合な真実に気づかない
  • そこで外部に解決策を求めるのが「大人の中二病」の原因である
  • 自分自身の中にある、他人から見たら一目瞭然の根本原因から目を背け、「○○をやれば全てうまくいくんだ!」と多くは本やテレビからのいいかげんなメッセージを曲解して思い込む。
  • ○○を首尾一貫してブレずに追及していければ…プラス才能と幸運があれば。成功者となり表向きはうまくいってしまうこともあるが、根本原因は解決されないままであることが多いので、どこかでつまづく。
  • さらに言えば大半は、その○○が日によってコロコロかわるので、結局何事もなせないままである。
  • 何事もなせないままでも、ビジネスポルノを読んだり高額のセミナーにお金を突っ込んだりして気持ちよくなれば、自己満足して、自分を何一つ変えることなく前に進んだ気になれる
  • ただ、お金を巻き上げられているだけ

人生は一個の局地的な成功だけでうまくいくものではなくてバランスの取れた総合力が必要なわけですが、キミら”大人の中二病”の患者さんって、平気で部分のために全体を犠牲にしてしまうんですよね。

んで犠牲にするものが、自分個人の時間とお金だけならまあカラスの勝手でしょ、なんですが「今そのギャグわかる人いるんですか(´・_・`)」。

中には、ね。
いわゆるステージママとかお受験ママとか、ね。自分の子供を犠牲にするパターンもあるんですよね。それって、どうなんだろうかと。

特にオチはありません。オチはありませんが、とりあえず、書いている人は、イライラしています。はい。

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com