横からちゃちゃを入れます。

「日・月・火・水は更新しないブログ。」からブログタイトルを変えました。

「小さな巨人」はどうしても「半沢直樹」と比べてしまう。

日曜劇場「小さな巨人」、最終回。

今夜の番組から… 日曜劇場「小さな巨人」

面白かったし、もう集中して見すぎて、疲れたくらいでしたが。

でも、どうしても、「半沢直樹」と、比べてしまうんですよねえ。

どちらの作品も「500%の確信をもって…」とか「十倍返しだ!」とか、その”数字のインフレーション”、ドラゴンボールかよ!って思ってしまいます。

長谷川博己さんとムシ博士(本名)さんの演技対決はすさまじかったけどやっぱり「半沢直樹」の”究極の土下座”と比べると迫力が足りなかった気がします。

今考えると「半沢直樹」の緊迫感ってすごかった。あれは音楽のパワーもあったなと。
普通ね、勧善懲悪のドラマって、安心感があるものなんですけど、水戸黄門みたいに。でも「半沢直樹」は、緊迫感があった。緊迫感のある勧善懲悪というのが新しかった。

あと、ムシ博士さん(本名)いわく、「半沢直樹」のときは最初、土下座する気はなかったと。

とことん入り込んで演技している中で、このキャラクターが土下座することは、ありえないと。

だけど、何度もリハーサルを重ねていく中でどんどんやりすぎ演技に(苦笑)

失礼な書き方をあえてしますが、その見事なまでに醜悪な土下座、ここまでなさる香川照之さんに周りは言葉が出ませんでした。

膝をつくまで、実に5分以上かかっていたと思います。放送ではどうしても放送時間の関係で編集せざるを得ないのですが、その言葉のないせめぎあいは本当にものすごいものがありました。
撮影日報 HPスタッフが日々追跡|TBSテレビ:日曜劇場『半沢直樹』

絶対に土下座なんかあり得ないキャラクターとして演技を積み上げてきて、そこへきて堺雅人のあやまれー、あやまれー、あやまれー!というすさまじい圧力につぶされ、ぶるぶると膝を折る…ありえないことが起こってしまった!という空気感を、演技力によって作り出したことが、カタルシスにつながった。

…あと、前半パートのキーキャラクターだった壇蜜さんの棒読み演技も大変に心に残る「そこに触れるなよ!まーた黒歴史かよ!」

今夜は壇蜜さんに乾杯!(≧▽≦)

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com