横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーより金銭を授受してブログを書いています。この文言を即座にジョークと判断できない方はご遠慮ください。

加計学園どうでもいい。問題の本質とは

<目次>



こっちがこんなに水害で苦しんでる時にイィィィー!

加計学園の話の本質は、力を持ちすぎた官邸と既成省庁の権力争いなんですよね。官邸に真っ向から刃向かった前川さんは文科省サイドからすれば正義のヒーローだけどそれは多くの国民からしたらどうでもいいこと。

既成省庁が、官邸やその力のみなもとである総理を、少し懲らしめてあげよう。というのが、今回の動きの原動力であると思っています。そしてそれに民進党やらマスコミやらが踊らされている…

それによって間接的にそういう官僚たちの”私闘”に踊らされ、背景にあるものもしっかり見ようとせずただ意味もわからずアベは許せねえ!と騒ぐみなさまは「おかわいさうに」とも言えるらしいです。当ブログの最高レベルがそう言っているから忖度してください。

権力争いは、それはそれでやればいいんですよ、民主主義の本質は、武器を使わない権力争いだから。ただ、災害で苦しむ人たちをちゃんと助けた後でやってほしいもんです。


また黒歴史かよっ(´・_・`)ロッキードリクルート

黒歴史というか昭和史ですけども、そもそも、ロッキードリクルートといった大型疑獄事件をリアルタイムで見てきた人間としては、この加計というちっぽけな案件でホンキで時の政権をひっくり返せると思っているのか…この点がフシギでなりません。

つまり、総理が政治を私(わたくし)したといって糾弾できるにはまず、巨額の賄賂が動いていなければならない!とバカでかい声で飲み屋でシャウトするのが我々、キョーフの昭和人間ギャートルズでございます。

「めんどくさいなー(´・_・`)」

昭和の常識からすれば、そんなにも時の権力者を親を殺されたみたいに罵れるからにはさぞかし、ケタ外れの額の賄賂が動いたのだろうと感じますが、そんなこともないようですネ。恐ろしいです、昭和。

そんな昭和育ちの人間からすれば、賄賂もなんももらっていないのにお友だちが有利になるような政策を誘導した!アベはヒトラー!などと叫ばれても、あー、アタマは弱いけどいい人なんだねアベさん。くらいの雑な感想しか浮かびません。


そもそも年度末に道路を掘り返すのをやめてほしい。

百歩譲れば、百歩譲ればですけど。意思決定になんらかバイアスがかかったことによって国民の血税がムダに使われたのではないか…そこを糾弾できるだろ、というのは、一見正しくも思えます。

ただこれとても、バイアスがかかった、というのは誰の立場から見てどうバイアスがかかった、と言っているのかが大事かなと思えます。だって、人間の意思決定にはそもそも常になんらかのバイアスはかかりますからね。

仮に税金をムダに使った!としても。少なくとも、四国は潤ったんでしょー。いいじゃん、税金を地方にじゃぶじゃぶ流し込んで、潤ったのは、総理のフトコロじゃなくて日本国四国ちほーなんでしょー。なにが問題なのさー。それが問題っていうなら、年度末に道路掘り返す方がもっと問題じゃんよー。

「それとこれとはハナシのレベルがちがうだろ!」
「レベルがどうしたって?こっちは、当ブログの最高レベルが言っているんだ」
「そのレベルじゃなくて(´・_・`)」

今回、あんまりキレイにオチなかったなー。ではでは

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com