読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横からちゃちゃを入れます。

株式会社竹尾ゼネラルカンパニーから金銭を授受してこのブログを書いています。この文言を即座にジョークと理解できないんだったら帰れ。

3億円奪ったあと、逃走する正しい方角は「北」。

見てください!ここが、アクロス福岡ですよ!緑が、すっごいですよね!
「注目するとこソコじゃねえだろ(´・_・`)」


強盗:足立区の29歳 福岡の路上で3.8億円奪われる - 毎日新聞

上記記事には、削除されていますけど実は最初、こんな続きが。
↓↓↓↓

「白いワゴン車が市役所方向にすごいスピードで走っていき、その後ろを男性が『泥棒』と言いながら追いかけていた」

わははははははははは。

不謹慎で申し訳ないんですが、笑ってしまいました。刑事ドラマでも最近はなかなか無いベタなシーンですね。って追いかけてる人は死にもの狂いでしょうけど。


さて本題です。

冒頭の写真で示されていたのは、本当にアクロス福岡は緑が豊かで「だから、ソコじゃねえよ!」ちがった。要は、そのドロボーって叫んでた人が「でもなくて!」失礼、その人が追いかけていた白いワゴン車が「南方向に逃走していた」ということです。

それを聞いて思ったのが「あ、これ、すぐ捕まるな…」。

風水的には、南は「現われの方位」。隠されたものが、現れる。という暗示がある方角となります。

「3億円」「南へ逃走」。と聞いて即座に私の頭の中に浮かんだのがあの「三億円事件」です。
今では忘れられていますが、実はこの事件、当時は「霊能バトル」の熾烈な戦場でもあったのです。

つまり、メディアに様々な霊能者や占い師が登場しては、何月には捕まる。いつ逮捕される。などと、要は「逮捕予言」をやっていたわけです。しかしその中でひとり「絶対につかまらない」と断言していた人がいた、というんです。

…それが、オレや。って、この本にドヤ顔で書いてありました(´・_・`)
暗剣殺入門―万象理法学<方位編> 自分の運勢を知り、凶を吉に転ずる知恵 (1979年) (ノン・ブック)

以下、少々長めに引用します。

犯人は、奪った現金を、約千九百メートル離れた国分寺跡(現場から見てに当たる)まで行き、現金輸送車のセドリックからカローラに移し換え、本町団地()まで行き、ここで車を乗り捨て、現金を持って逃走しました。
 このように、捜査結果は、犯人が北方位へ北方位へと逃走していることを示し、事件の日も、事件が起きやすい日であったことなどから、私は、事件発生後、半年も経たない翌年四月三日に、参議院議員会館内で行われた講演会で、「この事件は迷宮入りする」と発表いたしました。
 以後、TVなどで占い師や霊能力者などが何人となく「今年の四月に逮捕できる」とか「八月にはつかまる」とか予言しましたが、私はその都度「この予言は外れる」と断言してきました。私の予言どおり、大捜査の甲斐なく、昭和五十一年、迷宮入りのまま時効が成立しました。
 三億円事件の犯人の足取りが示すように「北」は、方位学では”隠れの方位”です。

みなさーん!もし、たまたま三億円を強奪する機会がありましたら、北ですよ、キターっ!北に、逃げるんですよー!
「普通そんな機会はたまたまは無いような…(´・_・`)」

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com

【黒歴史研究所】アーティスト・三谷幸喜をボクらはいつまでも忘れない。

※旧ブログからの転載です。事情は以下を参照。
‪いろいろあって、多少アクセスがあった裏ブログを閉鎖しました。‬ - 横からちゃちゃを入れます。

前から言ってることなんですけどー、なぜ、大河ドラマ「ペリー」をやらないのかと。

ペリー。これほど日本史に大きな影響与えた人は、他には、数えるほどしかいないと思うんですよねー。大河ドラマ「ペリー」。いつか、実現させてほしいです。

唐沢寿明主演で。

そして、三谷幸喜脚本で。

そういえば、三谷幸喜さんといえば歌手としても有名で熱く歌い上げるスタイルに定評があ「そういう紹介の仕方やめろ!((((;゚Д゚)))))))」
↓↓↓↓↓↓↓↓
【放送事故】 三谷幸喜 × AKB48 - Biginner ライブ - YouTube
www.youtube.com

※サムネの「どうにかなるさ」が哀れを誘いますね☆

ボクたちは、彼のことを忘れない。
彼の熱い歌唱を、いつまでも忘れない。こうしてブログ記事に残して、永遠に語り継ぎたい「忘れてやれよ!((((;゚Д゚)))))))」

以上でーす。

↑読者登録お願い致します。ツイッターもフォローよろしくです。↓
twitter.com

‪いろいろあって、多少アクセスがあった裏ブログを閉鎖しました。‬

‪いろいろあって、多少アクセスがあった裏ブログを閉鎖しました。今後、そこからこのブログにめぼしい記事を転載していこうと思います。‬


裏ブログ、なんていうと如何にも反社会的な感じしますよね。

実際には、日常プラス若干セクシャルな話題がある程度で、別段危険な話を書いたりはしていないです。

ですがこの時代、実はそういうのこそが「裏ブログ」と呼ぶにふさわしい。

だって、その日常の中でなにか重大なトラブルがあったら、ブログに書いた内容のどこでどう本人特定され更には瑕疵のある内容をどこでどう掘り起こされるかわかったもんじゃない。

何気ない日常を書いたブログが、思わぬ弱点になりかねない。

これは勿論SNSでも同じことでありまして、みなさん森友問題でさんざんアベ夫人を「脇が甘い」なんてぬかしておりますが、いざ自分がトラブルに巻き込まれトラブルの相手にアカ特定されたとき、大丈夫ですか。うんだーいじょうぶ、別にヤバいことなんにも書いてないから。そうぬけぬけとぬかすあなたこそ一番あぶないのですよ(´・_・`)

なんかあったらアカ消すから大丈夫、って人もいるでしょう。そういうならなんかトラブルがあった時点で用心のためすでにアカ消せ、ってハナシです。まさに、私はそうしたってことです。裏ブログ削除。


要は日常を書いたブログが一番あぶないってハナシでした。
ではでは、日常を書いてしかもあぶなくないブログとは、いかなるものでしょうか?

元祖しゃちょう日記:炎上せずに実名ブログをやる3つの方法 - livedoor Blog(ブログ)

2005年の記事なんか持って来ちゃいました。リンク先の「無難なジョーク」ってのに笑いのツボを押されます。

考えてみたら、こんな昔から一定のペースでパーソナルな内容含むブログを書き続けて大きな炎上もなく淡々と更新を続けているAmeba藤田社長って「地味にすごい」ですよね。

スーパーブロガーだ!すげえ!やんややんや!(揶揄

多分、彼のブログにケチをつけようと何年前の記事を引っ張ってきても、大丈夫なんですよね。
このレベルまで来てはじめて「ネットで脇が甘くない」と言えるのです。

というわけで結論
「森友問題で安倍晋三内閣総理大臣夫人、安倍昭恵さんを”脇が甘い”とネットで非難できるだけの資格があるのは、Ameba社長 藤田晋さんのみである」

以上よろしくってことで。

↑読者登録お願い致します